本文へ移動

親和福祉フェスティバル

【法人発】5月27日(日曜日)『第4回 親和福祉フェスティバル』が開催されました。

平成30年5月27日(日)
地域の皆様との交流の一環として今回4回目のフェスティバルが開催されました。
開会式では、昨年の【小松の杜介護体験塾】の発表ポスターは、グループでの発表でしたので昨年より多くの生徒さん・保護者の皆さんが来園されました。
その後は「さくらの会」のコーラスの発表と体験塾の開始になりました。今回も昨年度「震災を支援する会のバザー」「防犯協会:母の会」各業者様のベッド・車椅子乗車体験・初のマッサージ体験会なども開催致しました
最後は、業者様のご厚意でオークションを開催致しました。今回のオークション売上は、昨年の豪雨被害で土砂崩れで被害にあわれた加住小中学校への寄贈を行います。
お子様が大行列!!
トレパチのゲームコーナー!!
非常食試食コーナー
カレーライス!美味しかったぁ-!!
との声がたくさん聞こえてきました。

【地域向け】大盛況!?『第3回 親和福祉フェスティバル』が開催されました♪

平成29年5月28日(日)
 地域の方との交流行事の一環として、小松原園にて『親和福祉フェスティバル』を開催致しました今回3回目という事で、前回の倍近くの方が来場され大変盛り上がりました
 は、開会式後に行われた、小松原園デイサービスの利用者と近隣の養護老人ホームの方々で編成したコーラス隊による演奏会の様子です。皆さん日頃の練習の成果を出しきっておられました
 コーラス隊が素敵な歌声を披露した後に行われた、「小松の杜の介護体験塾 ポスターセッションの表彰式の様子です見事に最優秀賞を獲得したTさんが、施設長より賞状と記念品が授与されましたおめでとうございます
 今回のフェスティバルでも、地域の方々との交流の他に、地域で活動されている方々にも協力を頂いており、写真は障害者の作業所の皆さんが作っているパンを出展して頂き、開店後約30分でほぼ売り切れるほどの大盛況でした
こちらは、いつもいつも出展して頂いている、地元常連の「母の会」の皆さんによる、ミニバザーです こちらも、大変大盛況でした。
こちらは、地元の「震災などを支援する会」の皆さんによる、ミニバザーのブースです こちらも、手作り品などが大盛況でした
 こちらは、当法人に出入りしている福祉用具の業者さんに出展して頂いております介護用品のテントです実際に触ってもらうなど体験して頂きました
 こちらは、電動車いすや電動カートなどの体験コーナーの様子です写真は最新の電動車いすに試乗体験して頂いている所を撮ったものです
 こちら、介護・福祉相談コーナーの様子です。当法人の居宅介護支援事業所のケアマネと地元の高齢者あんしん相談センター川口の職員の方に協力して頂きいろいろな介護や福祉についての相談対応をさせて頂きました
 こちらは、体験コーナーの一つで、介護用のリフト車両に実際に車いすに乗って頂く等の体験をして頂きました参加者の中には怖がってしまうお子さんなどもいらっしゃいました
 また、「親和福祉フェスティバル」の室内のメイン会場付近には、豚汁やかき氷の無料のブースも設けられ、こちらもかなりの盛況ぶりでした
 室内でも催し物が行われ、写真はデイーサビスのリハビリエリアで行った、「トレパチ」の様子です。自転車をこぎながらパチンコができるというもので大盛況でした
 こちらは、新たに設置したブースで、東京純心大学・看護学部3年生による「看護師体験コーナー」のです。健康チェックや白衣試着体験などが行われました看護学部の皆さんありがとうございました
 こちらは、モデルルームに見立てて、お部屋にベッドやトイレや手すりなどを設置しての体験コーナーの様子です皆さん、会場にいた業者さんなどからいろいろと説明を受けておられました
 こちらは、補聴器の相談・聴力測定コーナーですここが意外と盛況で結構行列ができておりました なかなかこういう機会がないとの事で相談・体験に来ていらっしゃったようです
 こちらは、パネルコーナーでは、昨年の7月に行った「小松の杜の介護体験塾」の写真や、新聞や雑誌の記事や、4年生の児童が体験塾の体験を描いたポスターの入選作品など展示しておりました写真はその中でも、優秀なポスターを描いた3名の児童と施設長との記念撮影のようすです。受賞された皆さんおめでとうございます
 こちらは、今回から追加した、「高齢者疑似体験コーナー」の様子です。皆さん体験された後は、少しお疲れのようでしたこの他にも、恒例の特養の見学ツアー等も行われ、職員が旗を持ちながら、特養内を約30分かけて、ゆっくりと見学して頂きました今年も、かなりの盛況ぶりでした 

平成29年度 「第3回 親和福祉フェスティバル」のお知らせです♪

♪今年も『第2回 親和福祉フェスティバル』が盛大に執り行われました♪

平成28年5月22日(日)
 地域の方との交流行事の一環として、小松原園にて『親和福祉フェスティバル』を開催致しました今回2回目という事で、前回の4倍近くの方が来場されました
 は、開会式後に行われた、小松原園デイサービスの利用者と近隣の養護老人ホームの方々で編成したコーラス隊による演奏会の様子です。皆さん日頃の練習の成果を出しきっておられました
 は、コーラス隊が素敵な歌声を披露した後、コーラスの先生と、施設長にコーラス隊の皆さんより花束の贈呈が行われました
 今回のフェスティバルでは、地域の方々との交流の他に、地域で活動されている方々にも協力を頂いており、写真は障害者の作業所の皆さんが作っているパンを出展して頂き、開店後約30分で売り切れるほどの大盛況でした
 こちらは、いつもいつも出展して頂いている、常連の地元の「母の会」の皆さんによる、ミニバザーです こちらも、大変大盛況でした。
 こちらは、地元の「震災などを支援する会」の皆さんによる、ミニバザーのブースです こちらも、手作り品などが大盛況でした
 こちらは、当法人に出入りしている福祉用具の業者さんに出展して頂いております介護用品のテントです実際に触ってもらうなど体験して頂きました
 こちらは、電動車いすや電動カートなどの体験コーナーの様子です写真は最新の電動車いすに試乗体験して頂いている所を撮ったものです
 こちら、介護・福祉相談コーナーの様子です。当法人の居宅介護支援事業所のケアマネと地元の高齢者暗視相談センター川口の職員の方に協力して頂きいろいろな介護や福祉についての相談対応をさせて頂きました
 こちらは、体験コーナーの一つで、介護用のリフト車両に実際に車いすに乗って頂く等の体験をして頂きました参加者の中には怖がってしまうお子さんなどもいらっしゃいました
 また、「親和福祉フェスティバル」のメイン会場付近には、豚汁やわたがしやかき氷の無料のブースも設けられ、こちらもかなりの盛況ぶりでした
 気づいたら豚汁もご覧の通り、当日は晴天でありましたが、無料という事もあり、温かい豚汁も完売となりましたお疲れさまでした
 室内でも催し物が行われ、写真はデイーサビスのリハビリエリアで行った、「簡単マット運動」の様子です。皆さん15分間の運動で、大変汗をかかれておりました。
 こちらは、介護食のコーナーの様子です介護食のサンプルやパンフレットなどが展示され、自由に見て頂くようにしました皆さん色々なものがある事にビックリされておりました
 こちらは、モデルルームに見立てて、お部屋にベッドやトイレや手すりなどを設置しての体験コーナーの様子です皆さん、会場にいた業者さんなどからいろいろと説明を受けておられました
 こちらは、補聴器の相談コーナーですここが意外と盛況で結構行列ができておりました なかなかこういう機会がないとの事で相談に来ていらっしゃったようです
 こちらは、パネルコーナーでは、今年の2月に行った「小松の杜の介護体験塾」の写真や、新聞や雑誌の記事など展示しておりました 
 こちらは、特養の見学ツアーの様子です職員が旗を持ちながら、特養内の施設を約45分かけて、ゆっくりと見学して頂きました写真のように、かなりの盛況ぶりでした 
 こちらは、当園に入居されている小澤さまが書いた絵を、個展風に展示させて頂きましたそこで、ご家族一緒にハイチーズとてもいい写真撮れました
 こちらは、毎年恒例の「チャリティーオークション」の様子です皆さん、お目当ての品物に値をつけて頂き、一番高く値をつけて頂いた方に購入して頂き、その売り上げの全額を近隣の小学校に寄付をしたり、今回は熊本地震の義援金などにもあてさせて頂きました品物を提供して頂いた業者様、落札購入して頂いた皆さま、ご協力有難うございました また、来年も「親和福祉フェスティバル」を開催致しますので、是非遊びに来て下さい

平成28年 「第2回 親和福祉フェスティバル」開催要項 

♪地元、陶鎔小学校にデジタルカメラなどを寄贈させて頂きました♪

平成27年7月2日(木)
 今年の5月に開催した「第1回親和福祉フェスティバル」にて行った、チャリティーオークションでの売り上げ金にて、地元の犬目町にある陶鎔小学校に授業や行事で活用してもらうえる物として「デジタルカメラ一式」を寄贈させて頂きました
 写真は、地元 陶鎔小学校にて、陶鎔小学校の校長先生に、当法人の理事長より「デジタルカメラ一式」を寄贈させて頂いているところです。

♪新企画♪地域の方との交流行事『第1回 親和福祉フェスティバル』を開催致しました♪

平成27年5月10日(日)
 新企画!地域の方との交流行事一環として、小松原園にて『親和福祉フェスティバル』を開催致しました♪
 開会式では、地元犬目町会の町会長であります滝島会長よりご挨拶を頂き、当法人が地域との密接な関わりを、このフェスティバルなどを行いながら、今後とも関係を深めて行って欲しいとのお言葉を頂きました。
 は、開会式後に行われた、小松原園デイサービスのコーラス隊による演奏会の様子です。皆さん日頃の練習の成果を出しきっておられました。とても素敵な演奏会でした♪皆さんお疲れさまでした
 今回のフェスティバルでは、地域の方々との交流の他に、地域で活動されている方々にも協力を頂いており、写真は障害者の作業所の皆さんが作っているパンを出展して頂き、美味しくて大盛況でした
 こちらは、地元の「母の会」の皆さんによる、バザーを出店して頂きました。 こちらも、大変大盛況でした。
 こちらは、当法人に出入りしている福祉用具の業者さんに出展して頂いた、介護用品のテントです。実際に触ってもらったり、体験して頂きました。♪
 こちら、介護・福祉相談コーナーの様子です。当法人の居宅介護支援事業所と地元の高齢者暗視相談センター川口の職員の方に協力して頂き、いろいろな介護や福祉についての相談を対応をさせて頂きました。
 こちらは、子供向けの体験コーナーの一つで、介護用の車両に実際に車いすに乗って頂く等の体験をして頂きました参加者の中には怖がってしまうお子さんもいらっしゃいました
 また、「親和福祉フェスティバル」のメイン会場では、参加賞付のカラオケ大会が行われ、地域の老人会の方や、デイサービスの利用者さん等が自慢の歌を披露して下さいました
 室内でも催し物が行われ、写真はデイーサビスのリハビリエリアで行った、「簡単マット運動」の様子です。皆さん15分間の運動で、大変汗をかかれておりました。
 こちらは、室内で行われた子供向けの体験コーナーの様子です。小さいお子さんにも楽しんで頂きました。♪参加されたお子さん達にはアイスやジュースを配らせて頂きました。
 こちらは、大人も子供も一緒に参加しての「手作りカーネーション」の様子です。皆さん一生懸命カーネーションを作っておられ、完成した時の皆さんの笑顔がとても印象的でした。 また、来年も「親和福祉フェスティバル」を開催致しますので、是非遊びに来て下さい
社会福祉法人 親和福祉会
〒193-0802
八王子市犬目町688番地2
TEL.042-654-8331
FAX.042-654-8330
介護老人福祉施設

TOPへ戻る